最近、Facebookの承諾ボタンが押せなくなってきた

最近、Facebookの


どうしよう…。

僕は君たちに武器を配りたい

僕は君たちに武器を配りたい


最近、Facebookで友達の申請を受けることが増えてきました。が、申請が溜っていく一方です。知らない人たちではないのですが。プライバシー的なアレでもなくて。

Facebookは特に個人的な趣味で利用しています(アダルティなやつとかじゃないよ)。自分が欲しい情報を収集するために使っているのです。その"欲しい情報"の中に同級生の日常なんてほとんど含まれてないわけですよ。


そして、特に関わりもしないのに申請をしてくる人もいます。これが一番ウザいかも。申請だけしておいてメッセージとかコメントとか無しですよ。どこぞの新聞の「契約だけしてくれればいいから!」みたいな。

あれです、「携帯買ったからメアド交換しよ?」と言っておいて一生メールしないパターンです。そう、パターンブラック。いや、ホワイトか。

お前らの人数稼ぎに付き合ってるわけじゃないんだぞ!と。そう思うわけです。最低ですね、俺が。


Facebookは知らない人と関わった方が面白いです。知らないと言っても名前とか素性を知らないというわけではなく、実際には会ったことがない人、いわゆるネット友達です。

この宇宙のように広いけど距離は短いインターネットという世界で出会うのはとてもすごいことだと思います。

少なくとも同じ職場、同じ学校という人間よりはずっと自分に近い存在だと思います。だって自分と何か共通点があったから知り合いになるわけで。成り行きで同じ場所に居る人間よりよっぽど合うと思いますよ。

そんな人たちだからこそ自分と話が合うし、自分もその人達が配信する情報が欲しいと思う。


ある人は言った、友達は一生の宝物であると。


でもごめんなさい僕にはそんな友達一人もいません。


だってほら、友達ってナマモノじゃないですか。時間が経つと色々変わるわけですよ。牛乳に比べれば日持ちはしますけど一生なんてそれはもう無理2。僕の寿命が余り過ぎそうです。


ていうか申請前にメッセージとか送れるんだから送ってからにしろよ!

俺に興味があるならフィード購読でもしておけばいいじゃん!!(←何様


そろそろちょっとポポポポーンだな(何


友達の押し売りご遠慮下さい。

友達の唄

友達の唄

  • アーティスト: BUMP OF CHICKEN
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 2011/02/23
  • メディア: CD
僕は友達が少ない+ 1 (ジャンプコミックス)

僕は友達が少ない+ 1 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 田口 囁一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/10/04
  • メディア: コミック

Trackback