xubuntu-desktop → lubuntu-desktop にしてみた

Ubuntu Natty + lubuntu-desktop

DynaBook SS 2010 に Ubuntu Natty を入れて xubuntu-desktop 化して使っていたんですが lubuntu-desktop を入れてどちらが軽いか試してみました。

Lubuntu Desktop のインストール

さくっとコンソールでやっちゃいましょう。インストールしたらあとはログイン時に「Lubuntu」を選択するだけです。

sudo apt-get install lubuntu-desktop

メモリ消費量の比較

Dynabook SS 2010 のメモリが 256MB と少な目なので結構重要なところです。「起動後〜秒」とか厳密に計測したわけではないですが結果は lubuntu-desktop の方が軽量でした。

lubuntu-desktop
約125MB
xubuntu-desktop
約170MB


以下、システムのスクリーンショットです。参考にどうぞ。

lubuntu-desktop(左)とxubuntu-desktop(右)

おまけ)Openbox も試してみました

lubuntu-desktop を入れると「Openbox」も一緒についてくるみたいなので試してみた…ら画面真っ黒。

Openbox でログインしたところ

「Openbox」っていうのは画面を自分でカスタマイズしていくものなので設定してないと何も出てこないんですね。右クリックするとターミナルとかウェブブラウザとかが呼び出せます。デフォルトだと Chromium ですが Firefox のセットアップもしておけばターミナルで Firefox の呼び出しも可能です。日本語入力も可。


受験シーズンだからかアンサイクロペディアを見てみたらトップ画が松岡修造になってたw


アプリケーションの切り替えは Alt+Tab とかで。ネットするならこれが最速ですかね。最低限ネットワーク関係とボリューム関係は出しておきたいところです。「ObConf」を押すとテーマの設定なんかが出来ます。

Openbox Configuration Manager を開いたところ。自分用にカスタマイズ出来るようです。


メモリ情報を見てみます。当然ですが空きメモリに余裕がありますね。

cat /proc/meminfo
Openbox で meminfo を表示したところ


ネットでさらっと調べごとしたいなら Openbox でいいかな。LAN ケーブル刺さってればネットも普通に繋がりました。