UbuntuにVNCサーバをインストール

昨日の作業でsshdもインストールしたので今日はVNCサーバを入れてMacやiPhoneから操作出来るようにしてみました。

作業はLinux Mint 12で行なっていますがUbuntuでも同等だと思われます。

VNCサーバのインストール

まずはVNCサーバをインストールします。vnc4serverというのを使います。

sudo apt-get install vnc4server


VNCサーバを実行します。初回のみパスワードを尋ねられます。最低6文字以上が必要のようです。入力後、確認用にもう一度入力します。

vncserver


以下のようなメッセージが表示されます。ログファイルの方にディスプレイ番号が書いてあるので覚えておきます。

Creating default startup script /home/username/.vnc/xstartup Starting applications specified in /home/username/.vnc/xstartup Log file is /home/username/.vnc/hostname:1.log


ディスプレイを追加してしまったときは以下のコマンドで指定のディスプレイを終了させることが出来ます。

vncserver -kill :1

VNCサーバーへの接続(簡易)

この状態で既にVNCサーバは起動しているのでちょっと接続してみます。あまり知られていないのですがMacはデフォルトでVNCクライアントを内蔵しています(簡易ですが)。

Finderでcommand+Kを押すとサーバー接続画面が表示されます。サーバーのアドレスを「vnc://〜」で始めるとVNCで接続します。下の画面の「:5901」というのはポート番号で、これは5900+ディスプレイ番号になっています。例えばディスプレイ番号が2番のときは5902になります。ここではサーバーのIPを192.168.56.254としています。

vnc://192.168.56.254:5901


上手くVNCサーバに接続出来ればパスワード入力画面が表示されるので先ほどサーバ側で設定したパスワードを入力します。


「この通信は暗号化されてないけど大丈夫?」というようなメッセージが出ますがとりあえずOKします。


GNOMEを起動させていない状態なので簡易ですが画面が表示されました。


コンソールからFirefoxやChromium-browserを起動すればブラウザが起動します。若干ぼけてるのはMacBook Airの縦の解像度とVNCサーバで設定してある解像度が合ってなくてリサイズされてるからですね…。


こちらはMacのVNCクライアントの定番『Chicken of the VNC(cotvnc)』で接続した画面。

iPhoneから接続

無料のMocha VNCを使います。接続出来たらコンソールをタップしてキーボードを出してfirefox………とポチポチ。


Firefoxが起動しました。


頑張ればピグライフもでき………るのか?


iPhone用に解像度をぴったり合わせておけば快適に使える?

リモート・デスクトップ(デスクトップ共有)を使う

Ubuntuではデフォルトでリモート・デスクトップ(デスクトップ共有)がインストールされているのでGNOME起動時はこちらでもOKです。ポート番号は5900番なのでディスプレイ番号は0ですね。詳しくは 他のマシンをリモート操作するには(VNC) - Ubuntu Japanese Wiki に書かれています。

VirtualBoxでやるとすごく無駄です。


次は解像度の調整やGNOMEの起動、SSHでの接続なんかをやってみたいと思います。

そもそもこのマシンってVirtualBox上のマシンだからVNCなんていらないんだけどね〜(笑)

Trackback