So-netブログでURL自動リンクを個別に無効にする方法

So-netブログでは記事内にURLを貼り付けたときに自動的にアンカーテキストにしてくれるURL自動リンクという機能がついています(So-netブログに限定された話ではありません)。

ただ、記事内でダミーURLを書いたりするときにこの動作は不必要です。URL自動リンク機能そのものをオフにすることも出来ますがこれは記事内全体に作用するため「個別に無効にする」といったことが出来ません。そこでちょっと細工して個別にオフにする方法をメモっておきます。

「:」(コロン)をUnicodeで書く

まず、以下の二つのURLを見て下さい。

  1. http://www.google.co.jp
  2. http://www.google.co.jp

上も下も同じなのにアンカーテキストになっているのは片方だけだと思います。HTMLソースを見てみると以下のような違いがあります。

http://www.google.co.jp
http://www.google.co.jp


URLの自動判別は一般的に正規表現というものでパターンマッチングを行なっています。「"http://"で始まるものをURLと判断するよ〜」という仕組み(実際にはもっと詳細なパターンですが)なのでhttp://http://と書かれてしまうとマッチしなくなります。でもブラウザでは文字参照を行なって表示するので見た目は同じになります。

HTMLでのUnicodeの書き方

HTMLでUnicodeの文字参照を行う場合は&#xの後に16進数の値を入力して、;で終了します。半角の「:」のUnicodeは003Aなので:という記述になります。最初の00は省略出来るので:と書くことも出来ます。

Unicodeの調べ方

Unicodeがわからない場合はインターネットで調べることも出来ますし、Macの場合は文字ビューアで検索することが出来ます。

Unicode一覧 0000-0FFF - Wikipedia


So-netブログでは先頭の「h」をhと書いてもURL自動リンクをオフに出来るようです。h:で覚えやすい方を使えばいいかと。

Trackback