au HTC EVO WiMAX ISW11HTでテザリング速度が低下する件

au EVO WiMAX ISW11HT

久しぶりにEVOを使おうと思ったらWiMAXの速度が全然出ない。電波強度も以前と変わらないのに速度測定サイトで測定不能なくらい低速。

ISW11HTのテザリングに関する不具合は昨年末にもしていて、前のブログで記事を書いていたけど消してしまったのでちょっと書き直しをしてみました。

ISW11HTのテザリングで「接続出来ない」「速度が出ない」という症状について

ISW11HT(以下EVO)のWiMAXテザリングで2011年12月頃から以下の二種類の症状が発生するようになりました。

EVOに接続出来ない
EVOからIPアドレスが取得出来ず、接続が出来ません。全てのデバイスではなく「接続出来るデバイス」と「接続できないデバイス」があり、私の場合はMacBook Airが接続出来ず、iPhoneが繋がるというような状態になりました。
WiMAXの速度が大幅に減速する
世間で噂の「auのWiMAX規制問題」という症状です。21時頃〜25時頃まで接続速度が大幅に低下します。地域によって差があるようです。auから公式な発表が無いため詳細は不明です。

前者の接続不良は酷い場合は1日に数回、数時間に及んでインターネットが使えなくなります。少数ですが同じ症状を経験しているユーザーもいるようです。ここではこの症状についてまとめています。

また、これ以外にもEVOでは通信速度が12Mbpsを超えると端末がフリーズ、再起動してしまう不具合があります(これは個体差かもしれません)。

ある日、MacBook AirとEVOが接続出来なくなった

ある日、MacBook Airでインターネットをしていたらツールバーのワイヤレスアイコンに「!」マークが出ました。これは「無線は繋がっているけどインターネットには繋がっていないよ」という意味です。まぁ無線接続なんて目に見えないもので何が起こっているかなんて人間にはよくわからないものですし「たまたま調子が悪いだけで再接続でもしたら治るだろう」と思っていました。しかし、再接続しても症状は改善しませんでした。

EVOに接続出来なくなる症状が発生するとそのあとは数時間インターネットが使えなくなります。EVO本体を再起動してみたりMacを再起動してみたりしても症状は改善しませんでした。

EVOを初期化しても症状は変わらない

まずEVO本体を初期化してみることにしました。その前にHTC Syncでバックアップしようと思ったらどうでもいいようなものしかバックアップ出来ないんですね。ちょっとここで「ゴミ機種だな」と思ってしまいました。

結果は初期化しても無駄でした。

Mac OS Xでは繋がらないのに仮想マシンからは接続が出来る謎

MacBook AirでEVOに接続出来ない理由に「AirMacの故障」や「OSの不具合」ということも考えましたが、他のアクセスポイントには問題なく接続できますし、インターネットも普通に使えるのでこれらが原因というわけではないようです。

「IPアドレスを取得出来ないだけならば固定で設定してしまおう」と思い、試みてみたものの改善はしませんでした。手動設定のIPは受け付けてくれないようです。

そこでMac OS Xに入れてある仮想マシンのWindows XPから接続してみることにしました。この仮想マシンはMacBook AirのAirMacをブリッジ接続することが出来るようになっています。結果は普通に繋がりました。母艦のMac OS Xが接続出来ないのに内部の仮想マシンが繋がるというのはどういうことでしょうか?

MACアドレスを偽装して接続してみる

Macや他のデバイスでEVOに接続していると気づきますが、EVOに接続したデバイスはIPアドレスがいつも同じIPアドレスです。そこでMACアドレスが自由に変更出来る仮想マシンのMACアドレスを変更して接続してみるとIPアドレスが変わります。元に戻してみると前のIPアドレスに戻ります。このことからEVOはIPアドレスの払い出しにMACアドレスを使用していると思われます。

そう思ってAirMacのMACアドレスを変更(または偽装)する手段を色々と調べてみるとChangeMacというアプリを使うかifconfigで出来るらしいのでマニュアルを見てみました。

ether Another name for the lladdr parameter. lladdr addr Set the link-level address on an interface. This can be used to e.g. set a new MAC address on an ethernet interface, though the mechanism used is not ethernet-specific. The address addr is specified as a series of colon-separated hex digits. If the interface is already up when this option is used, it will be briefly brought down and then brought back up again in order to ensure that the receive filter in the underlying ether- net hardware is properly reprogrammed.


以下のコマンドを叩いてMACアドレスの変更を試みます。en0は機種によって異なります。

sudo ifconfig en0 lladdr 10:93:e9:00:00:00


しかしMacBook Air(Late 2010)のAirMacはMACアドレスを変更できない仕様のようでした…。

EVOのテザリングはMACアドレスで端末によって速度を制限している?「EVO×iPhoneは相性が悪い」という話

EVOには「iPhoneでは速度が出ない」といった話があります。実際に試してみると確かにiPhoneだけ遅い。PCでは下り10Mbpsは出るのにiPhoneだと下り1Mbps・上り3Mbpsくらい。「iPhoneのワイヤレス性能をWiMAXの速度が上回っているだけ?」とも思いましたが違う回線で試してみたところWiMAX以上の速度が出ました。これはauかHTCがiPhoneユーザーに対して速度規制をしているということでしょうか?

手元にMACアドレスを変更出来る無線アダプタが無いので確証はありませんが、iPhoneのMACアドレスを変更出来れば速度制限は受けないのかもしれません。

世間でのau WiMAXの規制情報

上の症状と関係性があるかどうかは不明ですが「WiMAXの速度大幅に減速する」という話です。EVOに接続出来ない問題を解決するために色々と調べていたら「auがWiMAXテザリング利用者に規制をかけ始めた?」との情報を見かけました。

価格.com - 『WiMAX 速度、テザリング感度について』 HTC htc EVO WiMAX ISW11HT au [ブラック] のクチコミ掲示板
【au】WiMAX速度低下問題【規制?】
【au】WiMAX速度低下問題02【規制?】


2012年04月に入ってもこの問題は解決していないようで今日も21時頃〜25時頃までWiMAXテザリングは速度測定も困難なほどの速度。3Gテザリングは繋がるものの3Gの方は公式でも速度規制の対象になるので常用は出来ません。

「携帯電話でWiMAXが使えておまけにテザリングまで出来る」ということで契約しましたがこれならUQ WiMAXで契約した方が良かったですね。この機種とこの速度規制のまま残りの契約を過ごす気にはなれないので近々解約しようと思います。毎月+525円でWiMAXが使えると言ってもこれではね…。