【よくわからない】日本語の文章に英語を含めるときの「半角スペース」とか「括弧」の話

Space

細かすぎて伝わらない話を云々と…。

日本語の文章に英語を混ぜる時の半角スペースの話

ある日 Microsoft Support Online を見ていたときの話。

Windows インストーラーを再登録するには、ハード ディスク上と Windows レジストリ内の Msiexec.exe ファイルの場所を確認した後、Windows インストーラーを再登録します。これを行うには、次の手順を実行します。 エラー メッセージ "Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした" が、Windows XP または Windows Server 2003 を搭載しているコンピューターでプログラムを追加または削除すると表示される

気になったのは文章の「内容」ではなく「書き方」。英語の前または後ろに「半角スペース」が入っている。半角スペースをわかりやすくしたのが以下。

Windows␣インストーラーを再登録するには、ハード␣ディスク上と␣Windows␣レジストリ内の␣Msiexec.exe␣ファイルの場所を確認した後、Windows␣インストーラーを再登録します。これを行うには、次の手順を実行します。

英語というのは単語間にスペースを入れるのが当たり前。スペースが無いと読めなくなってしまう。2ch にあった笑い話がわかりやすい。

Mypenisbig.

正しくは「My pen is big」なんだけどもう一つ「間違った答え」がある。それは検索してみればすぐに出てくると思う。

こんな感じで英語は単語間のスペースがとても重要。Microsoft Support Online の書き方は「英文の書き方で和文を書いている」ような印象を受ける(原文が英語だから…かもしれないけど)。個人的には読みやすいと感じる。


日本語の場合は単語間に半角スペースを入れると逆に読みづらいし、SEO 的にも多分意味が変わる気がする。

例)私 の ペン は 大きい


日本語の文章に半角スペースが必要ないのは平仮名には助詞や送り仮名、漢字には意味といったような役割があってそれを我々が理解しているから。例えばこれを全部平仮名とか片仮名にすると大人には読みづらい。これは平仮名や片仮名がアルファベットと同じように発音しか役割がなくなるから(日本人ならどこで区切るかわかるけど)。

例)わたしのぺんはおおきい
例)ワタシノペンハオオキイ


これを英語と組み合わせて書くと以下のようになる。

例)わたし の pen は おおきい


で、日本語部分を一般的な形に戻す。

例)私の pen は大きい


何が言いたいのかよく分からなくなってきたけど「日本語の文章に英語を混ぜるなら前後に半角スペースを入れたほうが読みやすく、英語そのものの意味も出やすくなるのではないだろうか」というすごく個人的な好みの話。でも、例えば「GO!飯」というサイトがあった場合はスペース入れちゃうと「GO!」と「飯」になるから意味が変わってしまうかも。あと「12月」などの日付なども「12 月」と書くと意味が変わりますのでこれはやらなくていいかと。

すごく細かいところで Microsoft Support Online の文章では「、」や「。」などの句読点の直後の英語の前にはスペースが入っていません。これは Google で検索してみるとわかりますが「、」や「。」単体、またはこれらを含めた一文を検索しても句読点は検索対象に含まれないので半角スペースと同等の扱いとしているのかもしれません。HTML の <br> のような「見た目だけの要素」なのかもしれませんね。

Google で「。」を検索した結果。句読点は検索出来なかったり、強調のマークアップ対象外になる。

Microsoft Support Online と同じように Google ウェブマスター向け公式ブログ でも同じ書き方をしているので間違いというわけではないと思います。ただ単に「英語メインの人が日本語の文章を作るとこうなるだけ」なのかもしれません(Microsoft Support Online でも場所によっては英語の前後に半角スペースが入っていなかったりします)。

他にも一般的に「ハードディスク」と書くような部分を「ハード ディスク」と表記していたり、「エラーメッセージ」を「エラー メッセージ」なんて表記していたり色々面白い。英語表記だと「Hard Disk」とか「Error Message」だから日本語にするとそういう風になるんだろうなぁ。片仮名書く時にちょっと気をつけてみようかな。

日本語教師ではないので漢字や平仮名の意味について間違ったことを語ってるかもしれません。あと SEO 的に効果があるのかどうかもよくわかりませんし、むしろ悪い結果が出るかもしれません。ブラウザで表示される文字は「カーニング(字詰め)が云々だから…」とかそういう意図があるのかもあるのかもしれません。

日本語と英語間のスペースを意識して書いてみたのが 昨日の記事 で、見直してみると日本語と英語の区別がつきやすいと個人的には思う。ちょっと手間がかかるけど英文を書いているつもりで書けばすぐに慣れるかな。

OS の言語が日本語だと括弧が多い

文章中に括弧を使うことはよくあると思うのですがこれについての個人的な悩み。

PC 上で使える括弧ってとてもたくさんあります。 OS の言語が日本語だとたくさんあり過ぎて意味がわかりません(「言語が日本語」というか和文フォントというか…)。 Wikipedia の「括弧」のページ見たら「括弧多すぎワロタwww」状態ですよ。

鈎括弧の話

例えば英語では「彼が言った」というのは "He said ..." というようにクオートを使います。これは彼が言ったことの引用にあたると考えれば HTML の <q> でクオートが表示されるのもなんとなくわかります。英語圏の IME では全角文字入力はめんどくさそうです。

日本語の会話では「鈎括弧」で囲むことが多いのですが、じゃあ『二重鉤括弧』の使い道は? <q> の入れ子を参考にするならば以下のようになるのかもしれません(文章に特に深い意味はありません)。

例)「僕は昨日 iPhone を買ったんだ。家に帰って早速 Siri と喋ったよ。僕が『はじめまして』と言ったら彼女も『はじめまして』と言ってくれたんだ!すごいよね!!」


まぁこんな感じで「会話の中の会話」には『』を使うのかな、と思ったりします(逆か?)。ていうか何で会話って「」使うのが常識なんだ?って改めて思い返したら学校の教科書がそうでしたね。でも「」や『』って強調の意味でも使ったりしませんか?例えば商品名とかで『特製激辛幕の外弁当』みたいな。あと「18歳以上はここをクリック」を押します、とか画面の説明をする時ですよ。

また Microsoft Support Online の話を出しますが(何回出すのよ)、 MSO ではボタン関係は半角の[]としているようです。例えば [OK] をクリック、とか。あーそういえば[]で囲むとボタンになるみたいのがあったようななかったような。でも場所によって「」だったりもします。もうほんとによくわかりません。

一言で言ってしまえば括弧なんてものはただの「約物」で「外の文章と中の文章を区切るもの」としての意味しかないわけですがどうしても気になります。ここで Wikipedia のお世話になります。

鈎括弧」 旧来、人の会話部分を書く際に文頭に置かれた「庵点」と改行を示す記号の「鈎画」の間とに囲まれていたところから、会話の箇所を囲む括弧として鉤括弧が出来たと言われている。 引用(引用符としての用法)、あるいは特に注意を喚起する語句を挿入する場合も用いられるようになった。 題目(題名・表題・外題・箇条・主題・問題・名目)などを特に提示する場合に用いる。 「いわゆる」「いわば」という、言葉を文字通りに受け取ってはいけないということを示す際に用いる。鉤括弧を付けた相手に、「相手はそう自称しているが、自分は認めない」という意思表示になる。 括弧 - Wikipedia
二重鉤括弧』 鉤括弧「」の中にさらに語句を引用する場合や、引用に複数の意味があり鉤括弧で示す引用とは異なることを示す場合に用いる(引用符としての用法)。 書名など特別の種目に属するものの名称を表す場合に用いる。 括弧 - Wikipedia

長くなったので「私の考え過ぎ」ということにします。

丸括弧の話

もう一つの定番の(丸括弧)の話。これ半角と全角を意識して区別してる人ってどれくらいいるんでしょう?ウェブデザインとかでは「半角の丸括弧だと日本語と文字のベースラインが合わないから全角を使おうぜ!」なんて言われたりします。フォントによってはあまり目立たないかもしれません。

例)(これは半角の丸括弧)
例)(これは全角の丸括弧)


どっちでもいいと言えばどっちでもいい問題かもしれません。私はずっと「半角派」だったのですが最近は「全角派」です。「半角派」だった理由は全角の数字が嫌いだからです。「数字に全角使うなんてあり得ない!それじゃデータじゃなくて文字じゃん!」なんて思ってました(今でも思ってます)。その流れで丸括弧も半角派でした。

しかし、ブログなんかを書くようになってスクリプトを書くことも増えました。スクリプト内の半角丸括弧は数学的というかデータとして意味があるものです。例えば jQuery のコードを書く時に .addClass() なんて書いたりします。この丸括弧は半角でなくてはなりません。そんな日々を送っているうちに「これでは文章中の『約物としての括弧』と『データとしての括弧』の見分けがつかなくなる」と思ったわけです。なのでこういった文章の中で使う丸括弧は全角を使うようになりました。


という自己満足な話。お腹が空いたので今日はこの辺で。