Facebookにアップした写真はURLでサイズ指定が可能らしい

Facebook にアップロードした写真は Picasa のように画像の URL を書き換えることでサイズを変更することが出来るようです。何パターンかあるようなので調べてみました。

アルファベットによるサイズ指定(リサイズ)

拡張子直前のアルファベットを変更することによりサイズ指定が可能です。

https://fbcdn-sphotos-h-a.akamaihd.net/hphotos-ak-snc7/387200_255245044538594_1339573386_n.jpg
サイズ アルファベット
960px b または n または o
180px a または q または x
130px s
75px t

サンプルページを別ウィンドウで開く

以下のサイズ指定を併用すると他のサイズも作れます。

ピクセルによるサイズ指定(リサイズ)

64px から 720px まで段階的にサイズの指定が可能です。上記のアルファベットによるサイズ指定が優先されるので b、n、o またはオリジナルサイズと併用します。

https://fbcdn-sphotos-h-a.akamaihd.net/hphotos-ak-snc7/s640x640/387200_255245044538594_1339573386_n.jpg
サイズ 書き方
64px s64x64
80px s80x80
120px s120x120
320px s320x320
480px s480x480
640px s640x640
720px s720x720

サンプルページを別ウィンドウで開く

オリジナルサイズを取得するには?

フルスクリーン表示で画像の URL をコピーするか、写真のダウンロードリンクをコピーすることで可能です。?dl=1 は削除してもしなくても変わりません。

https://fbcdn-sphotos-h-a.akamaihd.net/hphotos-ak-prn1/615993_408586985871065_1244399409_o.jpg?dl=1

Facebook にアップロードされた画像は圧縮されるので注意

Picasa と Facebook にアップロードした画像をダウンロードしてファイル情報を確認してみたところ、Picasa は元画像がそのまま保存されるようになっているのでファイルサイズや Exif 情報もそのまま残っています。しかし、Facebook の方は(圧縮率高めで)再圧縮され、Exif などの情報も破棄されます。

Picasa にアップロードした画像 Facebook にアップロードした画像
Picasa にアップロードした画像(左)と Facebook にアップロードした画像(右)

写真の品質を維持したいなら Picasa などのサービスを使ったほうがよさそうです。

おまけ)サムネイルをカスタマイズして Lightbox 系プラグインで開く



Facebook にアップロードした写真を最大サムネイルサイズの 960px と可変サムネイルを使って Lightbox 系プラグインで開いてみます。

原寸サイズで開く場合は URL をコピーしてこなくちゃいけないのがちょっと面倒です。サーバーの応答速度はあまり気になりませんがサムネイルの圧縮率が高いのが難点。