dlvr.itを使って複数のフィードを統合する

dlvr.it を使ってガジェットサイトのフィードを自分のユーザー名付きでツイッターのサブアカウントにポストさせていたりとかなり私的利用有効活用しています。

dlvr.it は複数のフィードから Facebook や Twitter に自動投稿させることが出来ますが、実はそこからさらに統合された新しいフィードを作成出来るんです。今回はその「フィード統合」についてのネタです。

(独りで何に使うかって聞かれると微妙なんだけど…)


複数のフィードを統合して購読希望者に提供する

dlvr.it のフィード統合機能ですが、どんな時に使うのかと言うと、例えば「複数のメンバーでサークルを運営している」ような場合(そもそもサークルなんだからメンバーが複数いて当たり前っていうツッコミは無しで)。メンバー全員で1つのブログを管理していることもあれば、それぞれ別のブログを利用していることもあるでしょう。メインとなるサイトでそれらの情報配信しようとした時、ただ単にフィードの取得先を並べていただけでは閲覧者に全ての情報が渡りませんし、登録も大変ですが、フィードを統合しておけば漏れなく閲覧者に情報の提供が出来ます。

例えば「AKBサークル」(架空)というのがあったとします。サークルメンバーは「Aさん」「Kさん」「Bさん」とします。「AKBサークル」のメインサイトの他に、メンバーが別々のブログサービスを利用しています。

  • AKBサークルメインサイト
  • Aさん:アメーバブログ
  • Kさん:エキサイトブログ
  • Bさん:ライブドアブログ

この場合、AKBサークルのファンが全てのフィードを購読したいと思ったら、4つのサイトへ行ってフィードを登録しなくてはなりません。仮に4つのサイトのフィードを「フィードA」〜「フィードD」だとした場合、dlvr.it はそこから新たに「フィードE」を作り出します。配信者は購読希望者に対してこの「フィードE」の登録を案内すれば購読希望者は「フィードA」〜「フィードD」の情報を全て受信することが出来ます。


実際に dlvr.it を使って統合フィードを作成してみる

今回はツイッターの複数ユーザーのツイートを1つのフィードに統合してみたいと思います。まず、ツイッターのフィード URL は以下のようになっていて、ユーザー名の部分を書き換えればそのユーザーのタイムラインのフィードが得られます。

http://twitter.com/statuses/user_timeline/mattintosh4.rss


dlvr.it で新しいルートを作成してフィードを登録していきます。

とりあえず4人分ほど登録してみました。

お次は宛先の設定。一番下に「Feed」があるので "New" を選択。そういや宛先から MySpace が無くなったんだね。

「Feed Name」はフィードの表題。コンテンツの表題を固定したい場合は「Advanced」タブの「Static Title」で固定出来ます。

暫くすると統合されたフィードが配信されます。あとは Google Reader なんかに登録すれば1つのフィードで複数のツイートが閲覧出来るようになります。


自分でチェックするならツイッターのアカウントがあるならリストを作ってユーザーを登録しておけばいいし、Google Reader ならフォルダ作って登録しておけばいいのでわざわざ dlvr.it を使う必要はないです。閲覧者に対して情報を統合して渡したい場合にこんな方法もあるよというネタでした。

dlvr.it の基本設定はこちら