Macの英数・カタカナ変換はファンクションキーではなくControlキーを使う

最近 Mac を購入した知人に「Mac って英数とカタカナの変換面倒じゃないですか?」と、聞かれたのでネタとして。

Windows から乗り換えたばかりだと F7 とか F10 を使いたくなりますよね。でも、MacBook だとファンクションキーに再生やボリュームコントロールなどが割り当てられているので Fn キーを一緒に押さなくてはいけません。環境設定でファンクションキーを本来の動作に変更することも出来ますが、英数やカタカナへの変換はもっと押しやすいショートカットキーが用意されています

Mac のことえり は文字入力中に control キーといくつかのキーを使って文字変換操作が出来るようになっています。カタカナ変換を「"Katakana" の "K"」と覚えておけばあとは右手ホームポジション上に横並びなので簡単です。ことえりと Google 日本語入力(キーマップ:ことえり)の場合は以下のキーボードショートカットで文字変換が出来ます。

C-j ひらがな
C-k
F7 相当
全角カタカナ
C-l
F9 相当
全角英数
C-;
F8 相当
ことえり:半角英数(「半角カタカナ」が有効な場合)
Google 日本語入力:半角
C-:
F10 相当
半角英数
(実際に入力しているのはコロン「:」ではなく左シングルクオート「‘」)
C-m 入力確定


変換方法を忘れてしまった場合はメニューバーにあるアイコンをクリックすることで確認が出来ます。

覚えておくと便利な Control キーを使ったキーボード操作

個人的に覚えておくといい思う作業が捗るキーボードショートカットです。パッと見、覚えづらそうですが意味のあるものがほとんどなのでそれほど難しくないです。意味は Emacs のマニュアルより(中途半端ですが)。


削除系

C-d を使った Delete は必須です。右手でカーソルキーを操作しながら文字の削除ができます。

C-d
delete char
右の文字を削除[Delete]
C-h 左の文字を削除[Backspace]
C-w 左の語句を削除[Option + Delete]
(日本語文の場合「ひらがな」「カタカナ」「漢字」「数字」が区切りになります)
C-k
kill line
その行のカーソル以降の文字を削除
(アプリケーションによってはバッファに保存し、Control + Y でペーストできる)


移動系

ブラウザによっては、入力画面で Command + Left と Command + Right を使った移動が出来なかったりするので C-a と C-e は覚えておいた方がいいと思います(例えば Firefox で Gmail とか)。ターミナルとかでも使えます。

C-a
move beginning of line
行頭へ[Command + Left]
C-e
move end of line
行末へ[Command + Right]
C-f
forword word
右へ[Right]
C-b
backword char
左へ[Left]
C-p
previous line

上の行へ[Up]
C-n
next line
下の行へ[Down]


色の使い方が雑ですがまとめたのが下の図です(変換部分は Google 日本語入力用です。また、Option + Delete 部分は Control キーを使いません)。Control キーは文字入力以外にも Spaces の切替や、Spotlight の呼び出しにも使います。Eject キーと組み合わせることで、システム終了ダイアログを表示したり、すぐにディスプレイを消したりすることもできます。

「キーのシンボルがわからない〜」という方は『キーボードビューア』を表示してみるといいですよ。現在押しているキーやキーコンビネーションによって入力される文字を表示してくれます。『キーボードビューア』はメニューバーのアイコンから表示できます。

その他のキーボードショートカット関連の記事は こちら でどうぞ。

Caps Lock キーを Command キーや Control キーとして使う

Windows から乗り換えたばかりだと Command キーの位置に慣れず、ついついキーボード左下に小指を伸ばしてしまいます。GIMP や Wine などで X を使っているときも Control の場所は意識しているもののついつい…ね。そんな場合は Caps Lock の動作を変更してしまうのもいいかもしれません。

修飾キーの動作は「システム環境設定 > キーボード > 修飾キー…」で変更が出来ます。この設定はキーボード毎に設定出来るので、内蔵キーボードと外付けキーボードで動作を変えることも出来ます。



なんだかツイッターで色々拡散されていたので記事編集ついでに追記。

自分の場合、Google 日本語入力を使っていますが、一発変換やサジェスト機能で済むのでそもそもカタカナに直接変換することはないですし、英数変換なんてまったく使いません(こんな記事書いておきながら)。結局は使っている IM 次第な話で、変換方法覚えるより IM 変えたら?って思います。(IM が違えば変換方法も違いますし)

Windows に合わせたいなら Mac のファンクションキーの動作を変更すればいいだろうし、Mac に合わせたいなら Windows OS 上で Caps Lock を Control に変更して Google 日本語入力でことえりモードにすればいいし、Linux を合わせたいなら Mozc 入れて(ry

本人が使いやすければそれでいいのですよ(・∀・)

Mac100% Vol.19 [脱・ビギナー宣言!  ハイレベルMac] (100%ムックシリーズ)

Mac100% Vol.19 [脱・ビギナー宣言! ハイレベルMac] (100%ムックシリーズ)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 晋遊舎
  • 発売日: 2013/02/27
  • メディア: ムック
Mac Fan Special はじめてのマック 2013 ~Windowsとは違うMacのキホン~ (マイナビムック) (マイナビムック Mac Fan Special)

Mac Fan Special はじめてのマック 2013 ~Windowsとは違うMacのキホン~ (マイナビムック) (マイナビムック Mac Fan Special)

  • 作者: 丸山 陽子
  • 出版社/メーカー: マイナビ
  • 発売日: 2013/03/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
VMware Fusion 5

VMware Fusion 5

  • 出版社/メーカー: アクト・ツー
  • メディア: DVD-ROM