RawTherapeeのプロファイルディレクトリをDropboxと同期する

RawTherapee(以下 RT)で作成したプロファイルは好きなディレクトリに保存出来ますが、2つほど難点があります。

  • RT のプロファイルディレクトリ以外に保存するとプロファイルセレクターに表示されない
  • RT のバージョンが変わるとプロファイルディレクトリが変わる(例:4.0.5→4.0.6)


私の場合、プロファイルを GitHub で公開しているので GitHub のリポジトリディレクトリ以下に保存しています。Dropbox へのバックアップFinderエイリアスを作成すればいいのですが、このエイリアスは RT ではファイルとして認識されてしまうのでプロファイルセレクターには反映されません。ファイルエクスプローラに外部ディレクトリをお気に入りとして登録しておく方法もありますが、エディタ画面から直接プロファイル選択した方が楽なわけです。

対応策としてターミナルシンボリックリンクを貼るという方法があります。


まず、Mac 版 RawTherapee のプロファイルディレクトリの場所を確認しておきます。プロファイルディレクトリは "~/.config" にあります。ver.4系ではリビジョン毎に初回起動時にディレクトリが作成されるようになっています。

ここでは例として "~/Dropbox/RawTherapee/Profiles" をリンク元(プロファイルの保存用)として "~/.config/RawTherapee4.0.6/Profiles" というシンボリックリンクを作成します。

/Users/USER_NAME
|
+-- /.config
|   |
|   +-- /RawTherapee4.0.6
|       |
|       +-- /batch
|       |
|       +-- /Profiles => /Users/USER_NAME/Dropbox/RawTherapee/Profiles
|       |
|       +-- options
|
+-- /Dropbox
    |
    +-- /RawTherapee
        |
        +-- /Profiles


  1. 既存プロファイルバックアップ

    シンボリックリンクを作成するために "Profiles" ディレクトリを削除します。自作のプロファイルを作成している場合は別の場所に移動またはコピーしておきます(RT デフォルトのプロファイルはアプリケーションバンドルに含まれているためここにはありません)。"~/.config" ディレクトリはは不可視のため Finder に表示されないので「移動コマンド[Command+G]」を使います。移動したら 既存のプロファイルを移動またはコピーし、 "Profiles" ディレクトリを削除します。

  2. ターミナルでシンボリックリンクを作成する

    ターミナルを起動して[ln -s]コマンドでシンボリックリンクを貼ります。コマンドの書き方は[ln -s リンク元 リンク先]です。

    ln -s /Users/USER_NAME/Dropbox/RawTherapee/Profiles /Users/USER_NAME/.config/RawTherapee4.0.6/Profiles

    矢印付きのディレクトリが作成されます。


RawTherapee を起動してプロファイルセレクターでプロファイルが読み込めれば完了です。プロファイルディレクトリに変更が加われば Dropbox が同期してくれます。Dropbox 側をリンク先にする場合は通常のエイリアスで置いておけば Dropbox がパスを辿って同期してくれます。いずれの場合も RT のリビジョンを変更した時はリンクの置き換えを忘れずに。