今日の雑記「iPhoneからMacにSSHでリモートログインする」

ソフトウェアのコンパイルなんかをやると時間がかかりますが、進行具合を確認する度に Mac に向かうのは面倒なので iPhone から SSH で Mac に接続出来るようにしてみました。

SSH サーバーをインストールしなきゃ駄目かと思いきや、共有オプションを見ると『リモートログイン』があるではないですか。Snow Loepard ではシステム環境設定の共有オプションでチェックを入れておくだけで SSH サーバーが使えるようになるんですね。アクセス許可は環境に応じて設定。親切に接続用のコマンドも表示してくれます。

Mac の方はこれで設定完了です。iPhone の SSH クライアントですが、ここでは『zaTelnet』の無料版を使っています。他にもいくつか無料の SSH クライアントはありますが、Snow Leopard の場合、デフォルトだとプレーンテキスト認証が使えない*ので使えるアプリが限られます。

* "/etc/sshd_config" の[PasswordAuthentication no]のコメントアウトを外し[PasswordAuthentication yes]にすることで有効に出来ます。

zaTelnet を起動したら【NEW CONNECTION】からサーバーを追加します。【Type】設定で[SSH2 plain password]を[SSH2 interactive password]にしておきます。パスワードはサーバー接続時に入力します。

  • Name:任意
  • Network:Mac の IP アドレス
  • Type:SSH2 interactive password
  • Login:ユーザー名

これで iPhone から Mac に SSH でログイン出来るようになります。ログインしたらあとは Mac のターミナルと操作は同じです。Tab キーも使えるのでパスの入力補助も使えます。だらだらと寝ながら MacPorts を更新したり make したり…。頻繁に使用するコマンドはテンプレートに登録しておくと入力を省略出来ます。

zaTelnet はバックグラウンドでも動いてくれるのでコマンド実行中でも他のアプリに切り替えが出来ます。zaTelnet の画面にしているとスリープがに切り替わらないのでバッテリー切れには注意が必要かもしれません。無料版は一定数の文字を入力すると画面に有料版への乗り換えを促すメッセージが表示されます。

日本語表示は別途フォントが必要になります。zaTelnet へのフォントのインストールは こちら で紹介しています。