Wineを使ってMacでWindowsアプリケーションを動かす

Wine for MacOS

Wine(ワイン)とは MacOS 上で Windows アプリケーションを動かすためのプログラムです。ここでは Wine を Mac にインストールして起動するまでを紹介しています。


Wine の導入を始める前に

Mac を使って Windows アプリケーションを動かす方法は他にも Bootcamp や仮想マシンといったものがあります。用途によってメリット・デメリットがありますので「Wine を入れても無駄だった」とならないようにそれぞれの特徴を書いておきます。

各環境の特徴

  • Bootcamp

    • 長所:最も Windows 環境を忠実に再現出来る。ハードウェアの性能をフルに使える。これで動かなければもう Windows マシンを買うしかないレベル(笑)
    • 短所:MacOS と同時起動が出来ない。ある程度大き目の Bootcamp 用パーティションを作成する必要があるためストレージを多く消費する。Windows OS のインストールディスクが必要。
  • 仮想マシン(VMware、Parallels、VirtualBox など)

    • 長所:Bootcamp には劣るもののそれなりに Windows 環境を再現出来る。MacOS 上で起動出来るため再起動の必要が無い。仮想マシンによっては物理パーティション上の OS を起動出来るため Bootcamp 領域の Windows OS を起動することも出来る。
    • 短所:仮想マシンを起動するためシステムに負荷がかかる。仮想マシンの OS の起動までに時間がかかる。Windows OS をインストールする仮想 HDD などが必要になるためストレージを消費する。Windows OS のインストールディスクが必要。
  • Wine

    • 長所:MacOS 上で実行するのでアプリケーションを起動するまでの時間があまりかからない。システムへの負荷は仮想マシンよりも少ない。Windows OS をインストールする必要がないためストレージの消費量が最も少なく、コストがかからない。
    • 短所:導入に手間がかかる。ある程度、コマンドラインでの操作や X11 についての知識が必要。動かないアプリケーションもある。

こんな場合はどうする?

Bootcamp はほぼ完全な Windows マシンとして使えるため若干割愛します。個人的な経験でのお話ですので上手く出来ない可能性もあります。

  • 「ガンガン 3D ゲームがしたい」
    Bootcamp 一択です。仮想マシンではグラフィックを正しく認識しない可能性もあります。

  • 「Windows OS を持っていない」
    Wine であれば不要です。

  • 「Photoshop や Microsoft Office が使いたい」
    Wine 上で実行出来ますが、日本語入力が出来るようにするための設定が必要です。ネットワーク接続も可能ですが、オンライン認証は試したことが無いのでわかりません。また、印刷に関してはプリンターを認識するかどうかを試したことが無いのでわかりません。仮想マシンの場合は日本語入力も出来ますし、外付け USB デバイスなどもある程度認識します。

  • 「Windows 向けのエンコードやリッピングアプリケーションを使用するには?」
    Wine でも使えるものはありますが、光学ドライブを上手く認識しないことがあります。また、ドラッグ操作が必須のアプリケーションに関しては Finder から Wine 側にドロップ出来ないため使えない可能性があります。

Wine のインストールを始めよう!

前置きが長くなりましたが Wine のインストールをしていきます。色々と準備するものがありますのでまず手順から。

  1. Xcode のインストール
  2. MacPorts や Homebrew、Fink などのパッケージ管理システムのインストール
  3. Wine のインストール
  4. XQuartz のインストール
  5. Wine の基本操作を覚える

「え?なんか面倒くさそう…」という方は MikuInstaller を使う方法もあります。内蔵しているバージョンが少し古いようですが新しいバージョンに置き換えてる方もいるようです。

1. Xcode のインストール

MacOS のインストールディスク内に入っています。「そんなディスク無いよ!」という方は Apple Developer からのダウンロード方法を別ページにまとめてありますのでそちらをご覧下さい。

http://mattintosh.blog.so-net.ne.jp/2012-04-28_xcode-tools_get_and_install

※Lion 以降の場合は App Store で検索してみて下さい。コマンドラインツールが必要ですのでお忘れなく。

2. パッケージ管理システムのインストール

MacPorts または Homebrew をインストールします。どちらにするかは好みですが Wine に関して言えば MacPorts の方が無難かな、と思います。Homebrew は比較的新しいのでこれからどんどん変わっていく可能性があります。

  • MacPorts:パッケージが豊富。Wine の動作も安定しています。WineTricks を使うならこちらがおすすめ。ただしなんでもホイホイ入れちゃうのでちょっと容量が大きくなります。

  • Homebrew:システムに既にあるものはインストールしないので容量を抑えられます。でも、Wine の動作に必要なものが足りてないような気が…(OS 内蔵のものが古いだけかな?)。

MacPorts

以下のページからパッケージインストーラーを拾ってきます。

http://www.macports.org/install.php

すごくわかりづらいのですが以下の画面の辺りに「Moutain Lion」とか「Lion」とか書かれているのでそこがダウンロードリンクになっています。

ダウンロードしたら MacPorts をインストールします。

Homebrew

以下のページで Homebrew のインストールから Wine のインストールまでを紹介しています。

http://mattintosh.blog.so-net.ne.jp/2012-06-12_homebrew_wine-156

3. Wine のインストール

いよいよ Wine をインストールしていきます。まずは「アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル.app」を開きます。

続きはこちらのページにまとめました(2013年09月19日)

4. XQuartz のインストール

※Wine 1.6 以降は XQuartz が不要になりました

以下のページからディスクイメージをダウンロードしてインストールするだけです。

http://xquartz.macosforge.org/landing/

5. Wine の基本操作を覚える

続きはこちらのページにまとめました(2013年09月19日)


以上が Wine インストールから起動までの手順です。文字化けの改善や日本語入力環境の構築、WINE の便利な使い方は NAVER まとめで紹介しています。

MacでWindowsアプリケーションを動かすWineのまとめ - NAVER まとめ