GIMP 2.8 で起動時のスプラッシュを非表示にする

GIMP 2.8 の起動時に表示されるスプラッシュの消し方です。

GIMP 2.8 になってスプラッシュもちょっとお洒落になりましたが、Mac で使ってると GIMP が完全に起動するまで最前面表示になるのでとても邪魔です。起動に問題がなければ特に表示する必要もないので非表示にしてしまいます。

適当なテキストエディタで起動スクリプトを編集します。公式版と GIMP on OS X 版では微妙にファイル名が違います。今回は GIMP on OS X 版を例にしています。

  • 公式版:GIMP.app/Contents/MacOS/GIMP
  • GIMP on OS X 版:Gimp.app/Contents/MacOS/Gimp
bash
$ nano /Applications/Gimp.app/Contents/MacOS/Gimp

一番最後の行にある exec "$bundle_contents/MacOS/gimp-2.8" という部分に -s--no-splash を追加します。

上書き後に GIMP を起動すればスプラッシュが表示されなくなります。

その他、設定可能な起動オプション。(--help-all より転載)

用法:
  gimp-2.8 [オプション...] [ファイル|URI...]

GIMP (GNU Image Manipulation Program)

ヘルプのオプション:
  -h, --help                          ヘルプのオプションを表示する
  --help-all                          ヘルプのオプションをすべて表示する
  --help-gegl                         Show GEGL Options
  --help-gtk                          GTK+ のオプションを表示する

GEGL Options
  --babl-tolerance=<float>            babls error tolerance, a value beteen 0.2 and 0.000000001
  --gegl-swap=<uri>                   Where GEGL stores it's swap
  --gegl-cache-size=<megabytes>       How much memory to (approximately) use for caching imagery
  --gegl-tile-size=<widthxheight>     Default size of tiles in GeglBuffers
  --gegl-chunk-size=pixel count       The count of pixels to compute simultaneously
  --gegl-quality=<quality>            The quality of rendering a value between 0.0(fast) and 1.0(reference)
  --gegl-threads=<threads>            The number of concurrent processing threads to use

GTK+ のオプション
  --class=CLASS                       ウィンドウ・マネージャで利用するプログラムのクラスを指定する
  --name=NAME                         ウィンドウ・マネージャで利用するプログラムの名前を指定する
  --screen=SCREEN                     使用するXのスクリーンを指定する
  --gtk-module=MODULES                追加で読み込む GTK+ モジュールを指定する
  --gtk-g-fatal-warnings              警告をすべて致命的と見なす

アプリケーションのオプション:
  -v, --version                       バージョン情報を表示して終了する
  --license                           ライセンス情報を表示して終了する
  --verbose                           詳細なメッセージを表示する
  -n, --new-instance                  新しい GIMP インスタンスを起動する
  -a, --as-new                        指定ファイルを新しい画像 (名称未設定) として開く
  -i, --no-interface                  ユーザーインターフェースなしで実行する
  -d, --no-data                       ブラシ、グラデーション、パターンなどを読み込まない
  -f, --no-fonts                      フォントを読み込まない
  -s, --no-splash                     起動時にスプラッシュを表示しない
  --no-shm                            GIMP とプラグインの間でメモリを共有しない
  --no-cpu-accel                      特別な CPU アクセラレーター機能を使用しない
  --session=<name>                    指定した sessionrc ファイルを使用する
  -g, --gimprc=<filename>             指定したユーザー gimprc ファイルを使用する
  --system-gimprc=<filename>          指定したシステム gimprc ファイルを使用する
  -b, --batch=<command>               実行させるバッチコマンドを指定 (複数回設定可能)
  --batch-interpreter=<proc>          バッチコマンドとともに起動するプロシージャーの指定
  -c, --console-messages              警告をコンソールに出力 (ダイアログに表示しない)
  --pdb-compat-mode=<mode>            PDB 互換モードの指定 (off|on|warn)
  --stack-trace-mode=<mode>           クラッシュ時のデバッグ対応の指定 (never|query|always)
  --debug-handlers                    致命的でないデバッグシグナルに対するハンドラーを有効にする
  --g-fatal-warnings                  すべての警告を致命的として扱う
  --dump-gimprc                       既定値の gimprc ファイルを出力する
  --display=DISPLAY                   使用するXのディスプレイを指定する

Trackback