Google Chrome以外のブラウザでGoogleのページ翻訳を使う方法

Google Chrome 以外のブラウザで Google のウェブページ翻訳を使う方法です。Automator のサービスサンプル付き。


1. URL を貼り付ける方法

翻訳したいページの URL を翻訳元のエリアに貼り付けて Enter キーを押すか、翻訳結果のリンクをクリックします。


2. アンカーテキストをドラッグする方法

翻訳したいページのアンカーテキストを翻訳ページのドロップエリアまでドラッグします。他のブラウザで開いているページのアンカーテキストでも大丈夫です。


あとは勝手に翻訳されたページヘ移行します。


おまけ:選択した URL から Google ウェブページ翻訳を開くサービスを Automator で作る

若干適当ですが。perlbash を使います。(perl だけで出来るんだろうけど)


perl で URL をエンコードしておきます。

/usr/bin/perl(stdin)
while (<>) {
    use URI::Escape;
    $str = uri_escape($_);
    print $str;
}

あとは bash で open コマンドを使って URL を開きます。アプリケーションの指定をしたい場合は[-a "/Applications/Firefox.app"]とかで。

/bin/bash(args)
open "http://translate.google.co.jp/translate?sl=en&tl=ja&js=n&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&layout=2&eotf=1&u=$*&act=url&act=url"


URL を選択して右クリックメニューのサービスから実行できます。


サンプルはいつものところに置いておきます。

http://code.google.com/p/mattintosh4-devel/downloads/list

Trackback