Mac と Windows で使える遠隔操作ソフト『TeamViewer』

Mac 同士、Windows 同士なら簡単に遠隔操作が出来ますが、OS が違うとちょっと面倒です(特に Mac から Windows に接続する場合)。Windows は VNC サーバーをインストールしなくちゃいけないけど、自分のパソコンじゃないからなぁ…と躊躇してしまいます。初心者の方の環境のルーターのポートを開けるのも気が引けますし。最近では Google Chrome のアドオン『Google Remote Desktop』なんてのも使えますが、接続がイマイチ。インストール不要で Windows に VNC 接続できないか調べてみたら『TeamViewer』なんてソフトを見つけたので早速試してみました。

TeamViewer は個人の非商用利用に限り無償で利用可能な遠隔操作ソフトですが、ファイル転送やチャットもできるそうです。今回はローカルエリアネットワークでノート PC を背中合わせにしてクライアントに操作説明をするという目的だったので遠隔操作しか使っていません。

まずはインストーラーの準備。Mac はディスクイメージをマウントして「Run Only.app」を実行すればいいだけ。Windows もインストール不要でアプリケーションを起動できます。

ライセンスに関する情報が表示されるのでそのまま続行。

アプリケーションが立ち上がったら送受信の準備が自動的に行われます。遠隔操作を受ける場合は相手に左側の「使用中の ID」と「パスワード」を教えます。逆の場合は相手にそれぞれの番号を教えてもらいます。この画面は Mac も Windows も同じ。

相手の「パートナー ID」を入力し、[パートナーに接続]を押せばパスワード入力画面が表示されるのでパスワードを入力すればあら簡単、あっと言う間に遠隔操作が可能になります。

印象としては Google Chrome を必要としない Google Remote Desktop といった感じ。今回は Mac から Windows7 に接続しましたが、日本語入力も問題なくできました。解像度はクライアント側で自動でリサイズしてくれるので無駄なスクロールも発生せず、クリップボードも共用なのでテキストなんかはクライアントから control + v で簡単にホスト側にペーストできます。反応速度は Windows のリモートデスクトップ並とまではいきませんが、RealVNC よりは快適かなぁ(最近の RealVNC は使ってないから早くなってるのかもしれないけど)。

RealVNC や UltraVNC だと使用後はサーバーを完全に停止させたり、アプリケーションをアンインストールする手間が必要ですし、PC を説明しなきゃいけない人に限って IE オンリーで Google Chrome なんてインストールしてないんですよねぇ。TeamViewer なら USB メモリに入れて置いて使用後はアプリケーションを終了させるだけで OK って感じで使えそうです。複数のクライアントに画面を共有をすることもできるようなので、わざわざプロジェクターを用意しなくてもユーザー持ち込みの PC でチェックしてもらう、なんて使い方もいいかもしれません。

iPhone や iPad 用のクライアントもあり、使い方は Mac や Windows と一緒。ホスト側はセッションウィンドウでマウス操作をオフにできるので閲覧のみといった設定も可能。

ちょっと面白いのがフリックがウィンドウ(描画領域)移動ではなく、マウスカーソルの移動になっていること。MochaVNC (フリー版)の場合、マウスカーソルの移動という操作がないため、ホバー操作が必要な Dock などの操作がほぼ不可能ですが、TeamViewer の場合は Dock も問題なく操作できます。補助カーソルが表示できる PocketCloud のインターフェイスもなかなか便利だと思っていましたが、TeamViewer の操作方法もアリですね。マルチディスプレイにも対応していますが、表示できるのはどれか1つのディスプレイのみのようです(クライアント側で切替が可能)。

Mac と Windows をメインに書きましたが、Linux も OK みたいです。自宅の PC や家族の PC を遠隔から操作したいけどポートとか VPN とかよくわかんないよーという方にはおすすめかも。セキュリティに関しては詳細に調べていないので気になる方はご自分でお調べ下さいませ。

TeamViewer - ネット経由のパソコン遠隔操作(リモートコントロール)ソフト
http://www.teamviewer.com/ja/index.aspx

Trackback