So-net ブログで Google Analytics のアクセス解析からプレビュー ページを除外する

So-net ブログに Google Analytics のトラッキング コードを設置するとプレビュー ページでも解析してしまいます。そのままにしておくと正確なアクセス解析が出来ないのでプレビュー ページを解析対象から除外します。一緒に「下書き記事」や「公開待ち記事」、「テンプレート プレビュー ページ」など管理者しか閲覧出来ない非公開ページの除外方法も紹介します。

プレビュー ページの URL を調べる

まず、プレビュー ページの URL を確認します。これは So-net ブログの記事編集画面からプレビューを表示させてブラウザで確認してもいいですし、既にトラッキングコードを埋め込んでいるのであれば Google Analytics の「リアルタイム」でも確認出来ます。"USER_ID" の部分は自分の So-net ID です。

/_pages/user/auth/article/?blog_name=USER_ID

プロファイルに「フィルタ」を登録する

Google Analytics の「プロファイル設定」から「フィルタ」を選択します。

Google Analytics
フィルタ名

フィルタページでの識別用です(任意)。

フィルタの種類

「カスタム フィルタ」から「除外」を選択します。

フィルタ フィールド

リクエスト URI

フィルタ パターン

URL の先頭には「^」、末尾には「$」を入れておきます。途中の「?」は手前にバックスラッシュを入れてエスケープします。"USER_ID" の部分は自分の So-net ID に変更して下さい。

^/_pages/user/auth/article/\?blog_name=USER_ID$

フィルタ パターンについて

So-net ブログのプレビュー ページの URL に含まれる「?」は Google に正規表現用のメタ文字として扱われてしまうため手前にバックスラッシュを追加します。Google Analytics のヘルプによると先頭と末尾に「^」や「$」のアンカーを使用することにより処理が高速化されるそうです。

正規表現とは何ですか。 - アナリティクス ヘルプ

「下書き」や「公開待ち」などの管理者しか閲覧できない非公開ページを除外する

プレビュー ページと一緒に管理者以外のユーザーがアクセス出来ない非公開状態になっているページも含めて除外します。非公開ページの URL は前方の "/_pages/user/auth/article/" がプレビュー ページと一致しているのでここまでの URL を使用します。

/_pages/user/auth/article/index?blog_name=USER_ID&id=00000000
フィルタの種類
除外
フィルタ フィールド
リクエスト URI
フィルタ パターン

前方一致を使うので末尾に「$」は入れません。

^/_pages/user/auth/article/

テンプレート プレビュー ページも同じような方法で解析の対象から外すことが出来ます。テンプレートの編集を頻繁に行う人は除外しておくといいかもしれません。プレビューするページによってURLが変わると思うのでアンカーを使って "/preview" くらいまでを先頭一致で登録するといいかもしれません。

/MyPage/blog/cms/template/preview/regist/index

Trackback