Linux MintにGoogle日本語入力(Mozc)をインストールする

MacでもWindowsでもGoogle日本語入力を利用しているのでLinuxのIMEもGoogle日本語入力に…ということでGoogle日本語入力のオープンソース版『Mozcモズク)』をインストールしてみました。

Mozc - Japanese Input Method for Chromium OS, Windows, Mac and Linux
Google Japan Blog: Google 日本語入力がオープンソースになりました

Mozcのダウンロードとインストール

Linuxをインストールしたばかりの場合は日本語環境が不完全なので"言語サポート"で日本語化を済ませておきます。


Synapticパッケージマネージャで"mozc"を検索するといくつか出てくるのでその中から"mozc-utils-gui"と"ibus-mozc"をインストールします。

iBusの設定

iBusをインストールするとツールバーにiBusのアイコンが出てくるので設定を開き、"インプットメソッド"で"Mozc"を追加します。これでCtrl+Spaceや全角半角キーでMozcが使えるようになります。

スクリーンショット用のショートカットキーを変更する

MacでVirtualBoxなどの仮想マシンでLinuxを使っている人向けです。

MacだとキーボードにPrintScreenキーが無いので仮想マシンで動かしている時にスクリーンショットが撮れません。"キーボードの設定"でスクリーンショットのショートカットキーを変更しておきます。ここではBootcampと同じスクリーンショットの撮り方(Fn+Shift+F11)にしています。

Trackback