Picasaウェブアルバムのサムネイルカスタマイズのまとめ

Picasaウェブアルバムの画像はAmazonの画像のようにURLを変更することでリサイズや回転などが出来ます。URLのパラメータがいくつかあるので調べてみました。

パラメータの種類

個人的に調べて分かったパラメータです。もっと他にもあるかもしれません。パラメータはGoogleの仕様変更により使えなくなる可能性があります。

パラメータ毎の制限は以下を参照して下さい。

パラメータ 効果 単独 併用 サイズ指定 原寸サイズ以上の指定
w 幅指定 必須 無効
h 高さ指定 必須 無効
s 長辺指定 必須 cまたはp指定で可
c トリミング(中央) 指定可 s指定で可
p トリミング(顔) 指定可 s指定で可
r90
r180
r270
回転 - -
o 埋め込み - -
d 元画像 ×
(-hのみ可)
- -
-h HTML化 - -

サムネイルをカスタマイズするには

パラメータにサイズ指定がある場合はサイズ指定が最優先になります。その後、トリミングまたは回転を指定、埋め込み指定、HTMLモード指定と続きます。

img要素のsrc属性の値を書き換えます。background-imageなどでも利用出来ます。

サムネイルの長辺を144pxに指定する場合(Picasaウェブアルバムのテンプレート)
https://lh6.googleusercontent.com/(中略)/s144/image.png
サムネイルの長辺を640pxに指定して90度回転させる場合
https://lh6.googleusercontent.com/(中略)/s640-r90/image.png
画像の中央を正方形にトリミングしてサイズを320pxに指定する場合
https://lh6.googleusercontent.com/(中略)/s320-c/image.png
元画像をHTMLで閲覧出来るようにする場合(img要素では使用出来ません)
https://lh6.googleusercontent.com/(中略)/d-h/image.png

カスタマイズサンプル

なし

Googleによって自動生成されたサイズになります。

【w】幅を指定する(Width)

原寸以上のサイズを指定しても拡大されません。アスペクト比は変更されません。

w150

【h】高さ指定する(Height)

原寸以上のサイズを指定しても拡大されません。アスペクト比は変更されません。

h150

【s】長辺のサイズを指定する(Size)

Picasaウェブアルバムからのリンクでデフォルトで設定されているパラメータです。原寸以上のサイズを指定しても拡大されません。アスペクト比は変更されません。

s150

【c】画像の中心を正方形にトリミングする(Center)

画像の中心から正方形にトリミングします。原寸以上のサイズを指定出来ます。リサイズと併用出来ます(例:s150-c)。

Picasaウェブアルバムを使ってネコネコアルバムを作ってみる
s150-c

【p】顔認識モード(Portrait)

人物写真に対して使用すると人物の顔をメインに正方形にトリミングします。リサイズと併用出来ます(例:s150-p)。ただし、リサイズで指定出来るのはsのみです。wまたはhを指定した場合はエラーになります。画像内に人物の顔と思われるものがない場合は上辺からトリミングするようです。原寸以上のサイズを指定出来ます。

Picasaウェブアルバムの写真を顔認識付きで呼び出す方法
h150
s150-p

【r90|r180|r270】画像を回転する(Rotate)

画像を回転します。回転角は90度、180度、270度から選択出来ます。これらの数値以外を入力するとエラーになります。リサイズと併用出来ます(例:s150-r90)。cと併用することも可能ですが90度、270度では中心点がずれる可能性があります。

s150-r、s150-270、s150-r180、s150-r270-c

【o】YouTubeアイコンを表示する(Object?)

YouTubeのようなアイコンがつきます。リサイズと併用出来ます(例:s150-o)。

s150-c-o

【d】元の画像を呼び出す(Download?)

Picasaウェブアルバムでは800pxまでのサムネイルリンクしか用意されていないため大きな画像は呼び出しが出来ませんが"d"を使うことによって元の画像を呼び出すことが出来ます。ブラウザのURLバーに入力すると直接ダウンロード出来ます。元の画像をダウンロードさせずに表示させたい場合はd-hとすることでブラウザ上で閲覧出来ます。

d

【-h】HTMLモード

高さを指定するパラメータとは挿入位置が異なります。iframe要素で使うことが出来ます。元の画像をダウンロードさせずに表示させたい場合はd-hとすることでブラウザ上で閲覧出来ます。img要素で使用するとWebページで不具合が発生する可能性があります。

不明なパラメータ

以下、不明なパラメータです。もしかすると動画用かもしれません。"g"のみ"This XML file does not appear to have any style information associated with it. The document tree is shown below."というメッセージが表示されます。

  • a
  • b
  • g(XML?)
  • k
  • v

おまけ)透過PNGテキストのリサイズ品質比較

288ptのテキストを透過PNGにしたものです。小さい方から順にs50s100s200s400s800dで呼び出しています。画像を再加工する必要が無く、リサイズ品質もそこそこ高いのでページ別でロゴやインターフェイスのサイズを変更したりするのに便利かもしれません。

Macで確認するとほとんど見分けがつきません。

なお、PicasaウェブアルバムでPNG形式を維持する場合はアプリではなくブラウザからアップロードします。

Trackback