twitterfeedの設定方法 ブログの更新をTwitterやFacebookに自動投稿させよう

twitterfeed

ブログの更新を Twitter や Facebook に自動ポスト出来る twitterfeed の紹介です。英語サイトですが設定はシンプルなので簡単です。どのリンクがどれくらいクリックされたか確認できるアクセス解析もついています。

twitterfeed の登録はメールアドレスの他に OpenID を使用することが出来ます。でもちょっとログインが遅くなるのでメールアドレスで登録した方がいいかもしれません。

twitterfeed にフィードを登録する

twitterfeed

ログインしたらまずフィードの登録をします。「ダッシュボード」と呼ばれる管理画面右上の "Create New Feed" をクリックします。

Feed Name

管理画面で表示される名前です。日本語も使用出来ます。

Blog URL or RSS Feed URL

ブログのURLまたはフィードのURLを入力します。フィードが有効かどうかは右にある "test rss feed" で確認が出来ます。

Active

フィードを有効にするかどうかです。一時的に停止・再開させたりするときに使用します。

Advanced Settings

拡張設定です。フィードのチェック間隔等の設定が出来ます。

Update Frequency

アップデート間隔です。チェック間隔は最短30分、最長24時間で設定出来ます。 "post up to" はポストする数です。1回のポスト数を増やすとポスト漏れは減りますがフィードに広告が含まれる場合、広告がポストされてしまう可能性があります。自分の環境に合わせて設定して下さい。

Post Content

ポストする内容です。"Post Link" にチェックを入れ忘れると URL が付加されないので気をつけましょう。各種 URL 短縮サービスも利用出来ます。bit.ly を利用する場合は ID と API キーを入力します。

  • title only
    タイトルと URL のみポストします。

  • description only
    記事の概要と URL のみポストします。

  • title & description
    タイトルと記事の概要、URL をポストします。

Facebook options

Facebook 向けのオプションです。"include automatic thumbnails in Facebook wall posts" にチェックを入れると記事内で使われている画像を自動的に選び、Facebook のウォールにサムネイル付きでポストします。記事本文からではなくページから画像を取得するため記事と関係ない画像が取得されることがあります。ページに og:image の設定がある場合はそちらが優先されます。アメブロの場合は共有ボタンを利用していると og:image にアメーバのロゴが使用されます。

Post Sorting

フィードの並べ替えです。"pubDate" は投稿時間、"GUID" は記事ID(多分)です。通常は投稿時間を選択しておけば問題ないと思います。

Post Prefix / Post Suffix

プレフィックス(先頭テキスト)とサフィックス(末尾テキスト)の設定です。プレフィックス、サフィックスそれぞれ最大20文字までテキストを付加させることが出来ます。「ブログを更新しました」などのテキストやハッシュタグを付加したい場合はこちらに入力しておきます。日本語も対応していますが設定後にこの画面を開くと文字化けしていることもありますのでその場合は再度入力して下さい。

Keyword Filter

キーワードフィルターです。そのまま入力するとそのキーワードを含んだフィードをポストします。キーワードの前に "--" をつけることによって否定条件にすることが出来ます。

ポスト先の設定をする

twitterfeed

ポスト先の設定です。Twitter、Statusnet、Hellotxt、Facebook、Linkedin から選択出来ます。

twitterfeed

"Twitter" をクリックすると認証のための画面に進みますので "Authenticate Twitter" をクリックします。既に登録済みのアカウントがある場合はリストメニューから選択出来ます。

下にある UTM タグというのは Google Analytics の解析で使用するものです。これを有効にしているとブログサービスによってはリンクに不具合がことがあるようです。

twitterfeed

Twitter の認証画面に移動するので必要項目を入力します。認証が済んだら画面下の "All Done!" をクリックして登録完了です。Facebook も同じような感じで登録が出来ます。

その他の操作

  • ポストを一時的に停止したい場合は?
    フィード管理画面(Step1)で "Active"のチェックを外すとポストされなくなります。ポスト先のサービス毎で停止したい場合はパブリッシングサービス管理画面(Step2)で "Active" のチェックを外します。

  • フィードを削除したい場合は?
    フィード管理画面で画面右下の "Delete feed" をクリックします。パブリッシングサービス側を削除したい場合は管理画面でアカウント名をクリックして画面右下の "Remove Service" をクリックします。

  • 複数のアカウントにポスト出来ますか?(Twitter や Facebook など)
    パブリッシングサービス管理画面でポスト先を複数設定することが可能です。最大何個まで登録出来るかはわかりません。

  • フィードが複数あるんですが同じアカウントに投稿出来ますか?
    フィードは複数登録しておくことが出来ます。登録フィード毎にパブリッシングサービスで同じアカウントを設定して下さい。


追記:現在は dlvr.it に移行したので twitterfeed は使っていません。登録フィードが多い場合や高度なフィルタ、ポスト時間指定などをしたい場合は dlvr.it の方がおすすめです。dlvr.it の使い方はアーカイブからどうぞ。

Trackback